用語

【呪術廻戦】調伏の儀(ちょうぶくのぎ)とは

呪術界名門御三家の1つである禪院家の術式「十種影法術」では、影を使って式神を顕現させることができます。

術師には、最初に玉犬という2体の犬型の式神が与えられます。

式神は全部で10種類いるとされていますが、ほかの式神を使役するためには、調伏の儀という儀式を行い、調伏しなければいけません。

1度調伏が成功すれば、いつでも自由に呼び出すことが可能となります。

また、調伏していない式神でも、調伏するためになら呼び出すことが可能です。

式神の中には、歴代の「十種影法術」術師の誰もが調伏出来なかったとされる強力な式神、八握剣異戒神将魔虚羅がいます。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ