用語

【呪術廻戦】死滅回遊(しめつかいゆう)とは

【呪術廻戦】死滅回遊(しめつかいゆう)とは

死滅回遊とは、日本全土の人類と天元の同化を目的とする羂索が、事前の「慣らし」のために行う、死のゲームです。

羂索があらかじめ、術師の形に脳を整えてマーキングした非術師達同士で殺し合いを行います。

プレイヤーが全員死亡するか、プレイヤー全員が参加を拒否して死ぬ以外には終了しません。

死滅回游のルールは以下になります。

  1. プレイヤーは術式覚醒後、19日以内に任意の結界にて死滅回游への参加を宣誓しなければいけない
  2. 前項に違反したプレイヤーからは術式を剥奪する
  3. 非プレイヤーは結界に侵入した時点でプレイヤーとなり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做す
  4. プレイヤーは他プレイヤーの生命を絶つことで点を得る
  5. 点とは管理者によってプレイヤーの生命に懸けられた価値を指し、原則術師5点、非術師1点とする
  6. プレイヤーは自身に懸けられた点を除いた100得点を消費することで、管理者と交渉し、死滅回游にルールを1つ追加できる
  7. 管理者は死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければいけない
  8. 参加または点取得後、19日以内に得点の変動が見られない場合、そのプレイヤーからは術式を剥奪する

-用語

© 2021 じゅじゅナビ