用語

【呪術廻戦】九十九由基(つくもゆき)とは

九十九由基とは、呪術界の数少ない特級呪術師の1人です。

長髪の背の高い女性で、初対面の相手に好みのタイプを訊ねる癖があります。

京都府立呪術高等専門学校3年の東堂葵の師匠でもあります。

呪霊を祓うことではなく、呪霊を生み出さない世界を作ることを目標としており、そのため高専とは「方針が合わない」と語っています。

高専からの仕事の依頼を受けず、海外を転々とする生活をしています。

使用する術式は明らかになっていません。

「渋谷事変」の際に仲間達と一緒に日本に戻ってきており、虎杖らと共に天元のもとに向かいました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ