用語

【呪術廻戦】羂索(けんじゃく)とは

羂索とは、主人公の虎杖らと敵対している人物の1人で、脳を入れ替えることで他人に乗り移る術式を持った術師です。

かつては史上最悪の術師と言われた人間、加茂憲倫の肉体に宿っていました。

術式によって1000年以上生き長らえているとされ、九十九曰く「両面宿儺とも関わりがあるようだった」と話すほど、古くから術師として存在しているようです。

現在は、五条悟の同級生で呪詛師となった夏油傑の遺体に乗り移っています。

「渋谷事変」で、虎杖の教師であり呪術界最強とされた五条悟を、「獄門彊」に封印しました。

天元を自身に取り込み操ることで、人類をすべて同化することを目的としており、日本全土を巻き込んだ死のゲーム「死滅回游」を行いました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ