用語

【呪術廻戦】鵺(ぬえ)とは

鵺とは、呪術高等専門学校1年・伏黒恵が、十種影法術という術式で顕現させることができる、鳥型の式神です。

大型のフクロウのような姿をしており、帯電する翼で、対象に電撃のような攻撃を与えることができます。

その衝撃は、呪術師が受けてもしばらく体の動きに制限がでるほどの影響を残します。

攻撃だけでなく、その大きさから術師を掴んで運ぶこともできる万能の式神です。

呪術廻戦の初期に登場した式神の一つで、両面宿儺との戦闘では、召喚主である伏黒恵を翼で攻撃から守ったり、京都姉妹校交流会では京都高の生徒の戦闘だけでなく、乱入した特級呪霊との交戦に使役されるなど、頻繫に登場します。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ