用語

【呪術廻戦】玉犬(ぎょくけん)とは

玉犬は、伏黒恵が十種影法術という術式で顕現させることのできる、犬型の式神です。

白い毛並みと黒い毛並みの2匹おり、額に三角状の赤い紋様が付いているのが特徴的です。

十種影法術では、この2匹が最初に与えられる式神で、ほかの式神は、調伏しなければ使役することができません。

玉犬は、呪いが近づくと吠えて知らせたり、建物や人物の捜索が得意など、攻撃以外にも活躍します。

式神は、破壊されてもその呪力や能力をほかの式神へと引き継ぐことができ、実際に玉犬・白が破壊された際は、ほかの式神と合わさり玉犬・渾として顕現しました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ