用語

【呪術廻戦】組屋鞣造(くみやじゅうぞう)とは

組屋鞣造とは、京都姉妹校交流会に特級呪霊の花御らと乱入してきた、呪詛師のうちの1人です。

嘱託式の「帳」を下ろして、五条悟を結界内に入れないようにしました。

スキンヘッドで、エプロンのような作業着を着ており、斧を武器として使います。

人間の部位を使って武器や日用品を作っていて、五条悟を使ってハンガーラックを作ることを目的に夏油達と取引しました。

高専に侵入した際、五条悟と交戦しますが、一瞬で両手両足をつぶされ捕縛されました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ