用語

【呪術廻戦】血塗(けちず)とは

血塗(けちず)とは、特級呪物・呪胎九相図の3番目にあたり、脹相と壊相の弟になります。

明治初期、呪霊の子を孕む特異体質の女性が、加茂憲倫によって実験体にされた際に作り出された呪物で、呪霊と人間とのハーフです。

兄達より呪力が弱く、受肉した器の顔が残った状態になりました。

そのため、顔の下に更にもう1つ口がある特徴的な姿をしており、4足歩行で行動します。

口から呪力がこもった血を吐き出して、相手に吹きかけて攻撃します。

吹きかけた血は、兄の壊相の術式である蝕爛腐術が発動すると共鳴し、相手の体の腐食が始まります。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ