用語

【呪術廻戦】嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)とは

嵌合暗翳庭とは、東京都立呪術高等専門学校1年生・伏黒恵が使用する、「領域展開」の術式のことです。

伏黒恵は、呪術界御三家の1つである、禪院家相伝の「十種影法術」という影から式神を呼び出す術式を使います。

伏黒恵が展開する領域は、地面一帯に黒い呪力の沼が広がり、調伏した式神を即座に顕現することができます。

式神の顕現だけでなく、影から自身の分身を作り出すことも可能で、敵の不意をつくことができます。

呪術廻戦のエピソードの1つ「八十八橋編」で、不完全ながらも「領域展開」を会得し、初めて登場しました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ