用語

【呪術廻戦】大蛇(おろち)とは

【呪術廻戦】大蛇(おろち)とは

大蛇とは、呪術高等専門学校1年・伏黒恵が、十種影法術という術式で顕現させることができる蛇型の式神です。

人の身長を優に超える、巨大な白い蛇のような形をしています。

式神を召喚する際に両手を使った影絵が多い中で、大蛇は片手のみの印で顕現できます。

英集少年院で、虎杖悠仁の体を人質にした両面宿儺と戦った際、鵺と連携して攻撃しますが一瞬で破壊されてしまいました。

しかし、式神は破壊されてもその呪力や能力をほかの式神へと引き継ぐことができるため、その後に破壊された玉犬・白と共に玉犬・黒と合わさり、玉犬・渾として顕現しました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ