用語

【呪術廻戦】赤鱗躍動(せきりんやくどう)とは

赤鱗躍動とは、御三家の1つ加茂家相伝の術式「赤血操術」の技の1つです。

術師自身の体温や脈拍、赤血球量などを自在に操って活性化し、ドーピングのように身体能力を上げることができます。

筋力を上げるだけでなく、外眼筋に力を集中させて動体視力を上げたり、体温を上昇させて氷を溶かしたりなど、様々な効果を発揮することができます。

赤鱗躍動を使用すると、術師の顔に刺青のような紋様が浮き上がります。

主な術師は、京都府立呪術高等専門学校・3年生の加茂憲紀や、呪胎九相図1番の脹相がいます。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ