用語

【呪術廻戦】狗巻棘(いぬまきとげ)とは

狗巻棘とは、東京都立呪術高等専門学校に通う2年生で、乙骨憂太、禪院真希、パンダの同級生にあたります。

狗巻家相伝の術式「呪言」を受け継いでおり、言葉に呪力を込めて放つことで、対象に攻撃を与えることができます。

身体能力は高いようで、術式もあって学生内では上位の準1級呪術師です。

通常の生活で意図しない呪言を発しないように、物心ついた時から語彙を絞らなければならず、普段はおにぎりの具材しかしゃべりません。

ちなみに、「しゃけ」が肯定のセリフで、「おかか」が否定の意味です。

音量を絞るために口元を隠す服を着ています。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ