用語

【呪術廻戦】特級呪物(とっきゅうじゅぶつ)とは

呪力が宿っている曰くつきの物体のことを呪物と言い、その中でも特に危険な物を特級呪物と言います。

高位の呪術師でも破壊することはできず、封印されているとはいえ超強力な呪物のため、特級呪物の多くは呪術高等専門学校の「忌庫」という保管庫にて保存されています。

特級呪物は判明しているもので以下の呪物があります。

・両面宿儺(指)…「呪いの王」と呼ばれていた両面宿儺の指です。

腕が4本あったため全部で20本あります。

・獄門彊…一定の条件を満たすことで、対象を封印することができる立方体型の呪物です。

・呪胎九相図(1番~3番)…呪霊の子を孕むことができる特異体質の女性が、9度の堕胎によって出来た呪物です。

9体うち最初の3体が特級呪物になります。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ