用語

【呪術廻戦】瓦落瓦落(がらがら)とは

瓦落瓦落(がらがら)とは、1級呪術師の七海建人が用いる術式の1つです。

七海は自分で「縛り」を課しており、自ら設定した時間を超えて戦いが続くと、ドンドン呪力が増していく仕組みになっています。

その力は、拳一撃で建物を破壊するほど。

また、防御力も格段に上がり、並の斬撃や打撃は一切効きません。

この「縛り」がピークの状態であるとき、破壊された瓦礫にも呪力を篭めて攻撃することができます。

これが拡張術式「瓦落瓦落」と呼ばれています。

七海は最初に真人と対決をした際、「瓦落瓦落」を用いて、真人に呪力をこめた瓦礫を集中的に落として攻撃して苦しめました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ