用語

【呪術廻戦】呪霊(じゅれい)とは?

呪霊

呪術廻戦に登場する呪霊(じゅれい)について解説します。

呪霊(じゅれい)とは?

呪霊とは、特定の場所に集まった呪いが、形を成していくことで発生するものです。

基本的には人間を発見次第、襲いかかる呪霊が多く、ほとんどは知性が低め(賢くない)です。

何を喋っているか分からない(意味の分からない)言葉を発する呪霊が多いいっぽうで、人間と同等レベルの言語を操ったり、知性が高い(頭が良い)呪霊も存在します。

呪霊は対抗できるのは呪力のみ

呪霊を祓う(殺す)には、通常の攻撃では不可能です。

屈強な格闘家だろうと、拳銃だろうと、呪霊に遭遇した場合は基本的に勝てません。

呪霊に効くのは、呪力を持った攻撃のみです。

呪霊には等級(特級~4級)がある

呪霊の強さは以下のような等級に分かれています。

呪霊の等級

  • 特級
  • 1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級

もしも呪霊に対して、呪力を持たない通常攻撃が効くと仮定した場合、それぞれの等級の強さ(ヤバさ)は以下の表のようになります。

呪霊の等級 通常攻撃
特級 クラスター弾での絨毯爆撃で同等
1級 戦車でも心細い
2級 散弾銃でギリギリ倒せる
3級 拳銃があると心強い
4級 木製バットで倒せる

特級呪霊のなかでも強さには大きな違いがある

呪霊のなかで最上位に位置するのが特級呪霊ですが、特級呪霊のなかでも強さには大きな違いがあります。

虎杖(いたどり)に受肉した両面宿儺(りょうめんすくな)は特級呪霊に分類されていますが、第8話の少年院の回で登場した呪霊も特級でした。

ですが少年院の特級呪霊は、両面宿儺によって瞬殺されてしまい、格の違いを見せつけられる結果となっています。

漏瑚(じょうご)や真人(まひと)も同様に特級呪霊に分類されていますが、両面宿儺ほどの強さはありません。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ