用語

【呪術廻戦】呪霊操術(じゅれいそうじゅつ)とは

呪霊操術とは、降伏した呪霊を自身に取り込んで自由に操る術式のことで、呪詛師・夏油傑が使用します。

呪霊を黒い球体状の形にして、口から取り込みます。

媒介の必要がなく、一度取り込んでしまえば、呪霊の術式を発動することも可能です。

自身と呪霊の間に2級以上の階級差があれば、降伏の儀を省くことができ、ほぼ無条件で取り込むことができます。

取り込んだ時点で、呪霊が持つ術式の精度の成長は止まってしまいますが、取り込む呪霊の数には制限が無く、夏油傑は4000体の呪霊を保有していました。

呪霊を1つにしてぶつける強力な技、極ノ番「うずまき」などがあります。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ