用語

【呪術廻戦】屠坐魔(とざま)とは

屠坐魔とは、五条悟が呪力を制御できない虎杖悠仁に渡した呪具のことです。

見た目は短刀のような形で、刀身には2つの穴があり、柄の部分は布のようなもので巻かれています。

元々屠坐魔は、禪院真希が所有していたものでしたが、五条悟に頼まれて貸して虎杖悠仁の元に渡ることになりました。

しかし、英集少年院で両面宿儺の指を取り込んだ「仮想特級呪霊」に破壊されてしまいます。

呪霊は両面宿儺によって祓われたものの、その時に生得領域内にあった屠坐魔は呪霊とともに消滅しました。

後日、禪院真希から屠坐魔を返せと催促されましたが、虎杖悠仁は五条悟が持っていると嘘をつき、消滅したことを今も内緒にしています。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ