用語

【呪術廻戦】時の器の会(ときのうつわのかい)とは

時の器の会とは、天元を崇拝する宗教団体「盤星教」の名前です。

起源は奈良時代までさかのぼり、非術師の団体になります。

古くからの宗教団体といっても、呪術界との関係は最悪とされています。

都内に関係施設が何箇所かあり、「星の子の家」という盤星教本部の建物があります。

純粋な天元を崇拝しており、星漿体を不純物とみなして、同化することをこころよく思っていません。

潤沢な活動資金があるようで、代表役員の園田茂が、星漿体である天内理子と天元の同化を阻止するために、禪院甚爾に暗殺を依頼しました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ