用語

【呪術廻戦】退魔の剣(たいまのつるぎ)とは

退魔の剣(たいまのつるぎ)とは、禪院家相伝の術式「十種影法術」で顕現させることができる強力な式神、八握剣異戒神将魔虚羅が右腕に備えている刃のことです。

対呪霊に特化した剣で、呪霊であれば一撃で消し飛ぶほどの正のエネルギーをまとっています。

また、八握剣異戒神将魔虚羅の背後にある法陣が回ることで、相手の攻撃を分析することができ、正のエネルギーとは一転して呪力をこめた攻撃も行うことができます。

「渋谷事変」で両面宿儺と戦い、一撃で帳の領域外まで相手を吹き飛ばすほどの威力を持ちます。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ