用語

【呪術廻戦】残穢(ざんえ)とは

術式を行使すると、必ずその呪術師の呪力が、足跡のように痕跡としてその場に残ります。

術式だけでなく、長年同じ箇所に強力な呪物が置かれていると、その場所にも呪力が残穢として残ることがあります。

残穢は呪霊と違い、ごく微量にしか感じることができないため、非術師が認識することはまずありません。

更に呪術師でも、注意深く目を凝らさなければ見ることができません。

残穢を調べることで、術式を使ったのが誰なのか、または、残穢の元となる呪物がどこにあるのかを辿ることができ、任務を進めるにあたっての重要な証拠に繋がります。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ