用語

【呪術廻戦】剣山盾(うるとらしーるど)とは

剣山盾とは、京都府立呪術高等専門学校2年・与幸吉の術式である「傀儡操術」で遠隔操作している傀儡、「究極メカ丸」で使用する技です。

人型の傀儡「究極メカ丸」の右腕に仕込まれた剣山状の棘を展開し、相手からの近接攻撃を防御する一方で、相手にもダメージを与えることができる殺傷能力を持った技です。

京都姉妹校交流会でパンダとの戦闘時に展開しましたが、ゴリラモードとなったパンダに破壊されてしまいました。

生まれながらにして強制される縛りである「天与呪縛」によって、肉体に数多くの負担が強いられている代わりに、遠隔地でも、実力以上の強力な呪力をもって威力抜群な攻撃を行うことを可能としています。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ