用語

【呪術廻戦】撥体(ばったい)とは

撥体とは、特級呪霊である真人が持つ術式、「無為転変」で使用する技の1つです。

「無為転変」で真人に触れられた人間は、魂の形を変えられて、様々な姿にされてしまいます。

撥体は、「多重魂」によって圧縮した2つ以上の魂を、相手に向けて放つ技です。

「多重魂」で圧縮された魂達が、拒絶反応を起こして質量が爆発的に増加する現象を利用します。

「多重魂」で圧縮された魂の数が多いほど、撥体を発動した際の攻撃量も増加します。

呪術廻戦のエピソードの1つである、「渋谷事変」で虎杖悠仁らとの戦闘時に多用された技です。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ