用語

【呪術廻戦】澱月(おりづき)とは

澱月とは、呪術廻戦のエピソードの1つである、「幼魚と逆罰編」に出てくる学生、吉野順平が使役する式神のことです。

クラゲのような形をした式神で、呪力で作り出した毒をまとう触手で攻撃することができます。

触手に触れてしまうと、その箇所から徐々に全身へと毒が回ります。

虎杖悠仁のような毒が効かない者に対しては、触手をドリル状の鋭い棘にして相手に発射する物理攻撃も可能で、術師が澱月の中に入れば敵の打撃攻撃から身を守ることもできます。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ