用語

【呪術廻戦】生得領域(しょうとくりょういき)とは

【呪術廻戦】生得領域(しょうとくりょういき)とは

「生得領域」とは、人が持つ心の中の風景を具現化した空間のことをいいます。

呪術師、非術師関係なく、誰もがみな生まれながらに持つ心の空間で、術式の核心部分にあたります。

生得領域は人それぞれ違い、虎杖悠仁が両面宿儺の生得領域に迷い込んだ際は、一面血の海に牛の頭蓋骨のようなものが山積みになった空間が出てきました。

生得領域に術式をかけて、呪力で具現化することを「領域展開」といいます。

領域展開を行うと、その空間にいるものに必ず術式をあてることができるので、術師の奥義と言える技になり得ます。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ