用語

【呪術廻戦】直瀑(ちょくばく)とは

【呪術廻戦】直瀑(ちょくばく)とは

直瀑とは、両面宿儺に仕えていた呪詛師である裏梅が持つ術式「氷凝呪法」の技の1です。

「氷凝呪法」は、氷を発現して自在に操ることができる術式になります。

直瀑は、宙に氷を顕現させ相手にぶつけ、更に巨大な氷のかたまりを真上から落とす技になります。

複数の敵相手にも一度に攻撃をあてることが可能です。

氷漬けにされた者が下手に動いてしまえば、体が割れてしまう恐れがあるほどの強力な技になります。

「渋谷事変」で、虎杖ら呪術師複数に対して発動しました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ