用語

【呪術廻戦】呪物(じゅぶつ)とは

呪物とは、呪力が宿っている曰(いわ)くつきの物体のことをいいます。

呪物は、呪いと同様に強さによって等級が分けられており、最上位の特に危険な呪物は「特級呪物」と呼びます。

「特級呪物」にもなると、高位の呪術師でも破壊不可能で、他の呪いを呼び寄せてしまう危険な存在です。

「特級呪物」の多くは、呪術高等専門学校の「忌庫」という保管庫のような場所に厳重に保管されています。

ちなみに、術師が使う呪力や術式が宿った武器のことは、呪物ではなく、「呪具」と呼びます。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ