用語

【呪術廻戦】忌庫(きこ)とは

忌庫とは、東京都立呪術高等専門学校にある、危険度の高い呪物が保管されている蔵のことです。

両面宿儺の指や呪胎九相図などの、特級呪物が保管されています。

外部から守るため、天元の結界術によって高専にある寺社仏閣の配置は日々位置を替えており、1000を超える扉の内の1つだけが忌庫へと向かう門に繋がっています。

その日どの扉が忌庫に繋がっているのかは、天元しか知りません。

更に、扉から蔵までに続く道には天元の側近が2人、門番としてひかえており、侵入者から忌庫を守っています。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ