用語

【呪術廻戦】付喪操術(つくもそうじゅつ)とは

【呪術廻戦】付喪操術(つくもそうじゅつ)とは

付喪操術とは、京都府立呪術高等専門学校3年生の西宮桃が持つ術式の名前です。

呪力がこもった箒を自在に操ったり、体が浮き上がるほどの突風を起こすことができます。

また、この術式によって、箒に乗って空中を飛行することができ、索敵や移動が便利になります。

京都姉妹校交流会では、空からの索敵や怪我人を運ぶなど、貴重な役割をになっていました。

箒を操って、鋭い呪力の突風をぶつける「鎌異断」という技もあります。

「渋谷事変」の際に、偽夏油や裏梅相手に繰り出されました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ