用語

【呪術廻戦】極ノ番(ごくのばん)とは

極ノ番とは、術師が持つそれぞれの術式の奥義とも言える技のことで、「領域展開」以外のオリジナル技となります。

術師が持つ生得術式は、通常1種類とされていますが、術式の解釈を広げることでそれぞれのオリジナル技を使えるようになります。

使用された極ノ番の例で言うと、以下のような術があります。

特級呪霊の漏瑚が使う、炎をまとった巨大な隕石を落とす技、極ノ番「隕」。

呪詛師・夏油傑の所持している呪霊を1つにしてぶつける技、極ノ番「うずまき」。

どれも各術師の強力な技として登場しました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ