用語

【呪術廻戦】憂憂(ういうい)とは

憂憂(ういうい)とは、1級呪術師である冥冥の年の離れた弟です。

姉の冥冥の領域対策として任務に同行しています。

憂憂の術式使用には、冥冥の許可が必要となる「縛り」があり、どのような術式を使うのか詳細は不明です。

姉である冥冥を溺愛しており、姉を第一として行動し、その他の人間には辛辣な態度をとる場面があります。

「縛り」をかしているのも、「自身が姉の所有物でありたい」という願望からきています。

呪術廻戦のエピソードの1つ、「渋谷事変」にて登場しました。

ちなみに憂憂という名は、冥冥と同じく偽名であるとされています。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ