用語

【呪術廻戦】呪胎戴天(じゅたいたいてん)とは

【呪術廻戦】呪胎戴天(じゅたいたいてん)とは

呪胎戴天とは、呪術廻戦のエピソードの1つです。

西東京市にある英集少年院で呪いが発生し、逃げ遅れた5名の在院者を救出するために虎杖悠仁ら1年生の3人が派遣されました。

少年院に突入するも、呪力による生得領域の展開で出口を封鎖され、更に特級呪霊との対決でピンチにおちいってしまう3人。

この時に両面宿儺が虎杖悠仁と入れ替わり、呪術戦の頂点とされる「領域展開」という大技が登場しました。

「大勢の人を助け、正しい死に導く」ことを目指す虎杖悠仁と、「不平等に人を助ける」ことを真実とする伏黒恵との信念のぶつかり合い、また、主人公である虎杖悠仁が死亡してしまうという衝撃の展開が見所のエピソードです。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ