用語

【呪術廻戦】特級過呪怨霊(とっきゅうかじゅおんりょう)とは

【呪術廻戦】特級過呪怨霊(とっきゅうかじゅおんりょう)とは

特定の一人の人間に憑りついて、その人物に危害がおよびそうになると発現する怨霊のことを「過呪怨霊」といいます。

その中でも、更に危険度が高い怨霊は、特級過呪怨霊と呼ばれます。

呪術廻戦の0巻にあたる、「東京都立呪術高等専門学校」の主人公・乙骨憂太に憑りついたとされていた祈本里香が、その特級過呪怨霊にあたるとして登録されていました。

祈本里香が暴走すれば、町1つ消えてしまう可能性もあるほどの力を持っているとされ、無尽蔵の呪力を持ち合わせていることから五条悟曰く、「呪いの女王」と呼ばれました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ