用語

【呪術廻戦】帳(とばり)とは

【呪術廻戦】帳(とばり)とは

帳とは、非術師に視認不可避の漆黒の結界のことです。

呪いとの戦闘時に帳を下ろすことで、外にいる非術師に知られないようにしています。

「闇より出でて闇より黒くその穢れを禊ぎ祓え」と唱えることで帳を下ろすことができ、術師によっては、「特定の人物は入れないようにする」といった効果や、逆に「特定の人物しか入れないようにする」など様々な効果を追加することができます。

通常の帳とは別に、呪力がこもった呪符を杭に巻いて複数地面に打ち込むことで発動する帳もあります。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ