用語

【呪術廻戦】超新星(ちょうしんせい)とは

超新星とは、呪胎九相図の1番である脹相が持つ術式、「赤血操術」の技の1つです。

圧縮した自身の血液を、ショットガンの様に相手に放つ技で、全方位に攻撃をあてることができます。

元々「赤血操術」は、呪術界名門御三家の1つ「加茂家」相伝の技で、様々な攻撃方法がありますが、その中でこの超新星は、特級呪物として150年もの間、忌庫の蔵で封印されてきた脹相が考えだしたオリジナル技です。

脹相は呪霊と人間の混血で、呪力を血液に変換することが可能なので、呪力が無くならない限り失血死することはありません。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ