用語

【呪術廻戦】天内理子(あまないりこ)とは

天内理子とは、呪術廻戦のエピソードの1つ「過去編」に登場する少女で、天元と同化するための新たな肉体である「星漿体」に選ばれました。

星漿体は、生まれるとすぐに天元が察知し、呪術界に知らされ、幼少期から重要人物として育てられます。

4歳のときに事故で両親が死亡してからは、星漿体の世話係・黒井美里と共に過ごしてきました。

自身のことを「わらわ」という尊大な喋り方をします。

重要な存在である星漿体として自身の立場を自覚していますが、学校で友達に会うことを心底楽しみしているなど、年相応な一面もあります。

呪詛師集団「Q」や、天元を崇拝する宗教団体「盤星教」などから命を狙われ、呪術高専の生徒だった五条悟らが護衛につきました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ