用語

【呪術廻戦】茈(むらさき)とは

茈とは、東京都立呪術高等専門学校教師・五条悟の持つ術式の1つ、虚式・茈のことで、五条家の中でもごく一部の人間しか知られていない術式でした。

「負」のエネルギーを掛け合わせて、「反転術式」で生んだ「正」の呪力を、「無下限呪術」に流すことで「弾く力」へと変換した「術式反転・赫」と、「負」のエネルギーを強化し、「引き寄せる力」へと変換した「術式順転・蒼」をぶつけ合わせることでできた術式です。

それぞれの無限をぶつけ合わせることでできた質量を、相手へと押し出します。

その攻撃力は絶大で、茈を放ったあとの森が辺り一面無くなるほどの威力を持ちます。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ