用語

【呪術廻戦】うずまきとは

うずまきとは、呪詛師である夏油傑が持つ術式、「呪霊操術」の技の1つ、極ノ番のことです。

極ノ番とは、術師が持つそれぞれの術式の奥義とも言える技で、「領域展開」以外のオリジナル技となります。

うずまきは、夏油傑が取り込んだ呪霊を1つのかたまりにして、超高密度の呪力を相手にぶつける強力な技です。

手持ちの呪霊を多く失ってしまうリスクがあるとされ、偽夏油は最初あまり重要視していませんでした。

しかし、その真価は準1級以上の呪霊をうずまきに使用した際に起こる、術式の抽出にあるとされています。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ