用語

【呪術廻戦】傀儡操術(かいらいそうじゅつ)とは

【呪術廻戦】傀儡操術(かいらいそうじゅつ)とは

傀儡操術とは、呪いの込められた無生物の「呪骸」や、傀儡を操ることができる術式のことです。

主な術師に、東京都立呪術高等専門学校学長の夜蛾正道と、京都府立呪術高等専門学校2年の与幸吉がいます。

夜蛾正道が傀儡操術によって作り出した「呪骸」は、内部に心臓となる「核」が存在し、自立して動くことができます。

この「核」が破壊されてしまうと、自立不可能となってしまい、通常の無生物に戻ります。

与幸吉が使用する傀儡操術は、傀儡を使って自身の分身のように、意のままに操ることができます。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ