用語

【呪術廻戦】赤縛(せきばく)とは

赤縛とは、呪術界名門とされる御三家の1つ、加茂家相伝の術式「赤血操術」で使用する技です。

血液の塊を相手へと投げつけ、なわ状のようにして一気に展開させて、相手を捕縛することができます。

「赤血操術」は血液を使うため、血液不足におちいる可能性がありますが、近接攻撃から遠距離まで全てをカバーでき、直接攻撃だけでなく赤縛のように相手の動きを止めるなど、いくつもの使用方法が存在する術式です。

京都姉妹校交流会で、京都府立呪術高等専門学校・3年生の加茂憲紀が、伏黒恵の式神「鵺」の動きを止めるために使用しました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ