用語

【呪術廻戦】落花の情(らっかのじょう)とは

落花の情とは、1000年の歴史を持つ呪術界名門御三家に伝わる秘伝の術で、領域に対する防護策の1つです。

簡易領域とは違い、自ら領域を展開することはせず、必中の術式が自身に触れた瞬間に、カウンターのように呪力を解放して身を守ります。

呪術廻戦のエピソードの1つ、「渋谷事変」で特級呪霊の陀艮が展開した領域内で、禪院家当主であった禪院直毘人が使用しました。

必中の術式になった「死累累湧軍」で繰り出された海洋生物型の式神が、目にも止まらぬ速さで襲いかかる中、落花の情で式神らを退けました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ