用語

【呪術廻戦】虹龍(こうりゅう)とは

虹龍とは、呪詛師・夏油傑が持つ術式「呪霊操術」で使役する呪霊のことです。

巨大な龍のような見た目をしています。

呪術廻戦のエピソードの1つである「過去編」で、呪術師殺しの異名を持つ禪院甚爾との戦闘時に登場しました。

「呪霊操術」は、降伏した呪霊を自身に取り込んで自由に操ることができる術式で、虹龍は当時の夏油傑が持つ呪霊の中でも、最硬度を誇る呪霊でした。

しかし、特異な身体能力を持ち「天逆鉾」などの呪具を操る禪院甚爾によって、切り裂かれてしまい敗れました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ