用語

【呪術廻戦】構築術式(こうちくじゅつしき)とは

構築術式とは、術師から捻出した呪力によって物質を作り出す術式のことで、京都府立呪術高等専門学校に通う2年生、禪院真依が使用します。

「領域展開」とは異なり、構築術式で一度作られた物質は、たとえ術式が解除されても消えることはありません。

応用すれば何でも作れるようになり、とても便利な術式ですが、物質を全くの無から作り出すため、呪力の消費が激しく、体の負担が大きくなります。

禪院真依の場合、1日1発の弾丸を作るのが精一杯の術式になります。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ