用語

【呪術廻戦】死蠟(しろう)とは

死蝋とは、永久死体の一形態のことです。

現実世界でも死蝋という状態になることは稀に起こり、死体がなんらかの理由で、腐敗をせずに現在も残っていますが、呪術廻戦では、両面宿儺の指がこれにあたります。

両面宿儺の指は、全部で20本あり、強力な呪術が込められたまま腐敗せずに現代に今なお現存しており、呪術界では特級呪物として扱われています。

ちなみに、両面宿儺の指は、数本高専に保管されていましたが、交流戦時に夏油たちに奪われ、漏瑚により15本の指は宿儺に取り込まれています。

また、両面宿儺の指は死蝋となっているもの、両面宿儺の全身が死蝋になっているかは不明です。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ