用語

【呪術廻戦】開(ふーが)とは

開(ふーが)とは、「呪いの王」と呼ばれる両面宿儺が使う術式の1つです。

通常、術師は1つの術式しか持ち合わせていないのですが、両面宿儺は術式を複数持っていることが判明しています。

その1つである開は、炎を操る術式で、手を弓矢の様に構えて矢の形状した炎を放ち、相手を焼き尽くします。

威力は凄まじく、火炎を使った攻撃が得意である特級呪霊の漏瑚相手に致命傷を与えました。

また、歴代術師が誰も調伏出来なかった式神である、八握剣異戒神将魔虚羅にも一撃で圧倒しました。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ