用語

【呪術廻戦】血星磊(けっせいせき)とは

血星磊とは、呪術界名門御三家の1つ加茂家相伝の術式、「赤血操術」の技になります。

自身の血液を限界まで凝固圧縮し、呪力で強化した小型の血の塊を相手に撃ち出します。

同じ「赤血操術」の技である「穿血」より威力は劣りますが、不意打ちに使えば相手の体を貫くほどの高硬度を持ちます。

「渋谷事変」で呪胎九相図の脹相が使用し、虎杖悠仁の肝臓を貫きました。

「赤血操術」は血液を使うため、血液不足におちいる可能性がありますが、近接攻撃から遠距離まで全てをカバーでき、直接攻撃だけでなく赤縛のように相手の動きを止めるなど、いくつもの使用方法が存在する術式です。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ