登場人物

【呪術廻戦】天内理子のプロフィールまとめ

天内理子のプロフィールまとめ

名前 天内理子
ふりがな あまないりこ
享年 14歳?
性別
性格 中二病
特徴 ヘアバンド
趣味・特技 バトミントン
好きな食べ物 黒井が作ったポトフ
嫌いな食べ物 ゴーヤ
ストレス 学校に行けない事

天内理子とは

出典:呪術廻戦65話より

天内理子(あまないりこ)は、天元(てんげん)の適合者星漿体(せいしょうたい)』に選ばれた人物です。

天内のことを話す前に、一度天元についておさらいをしましょう。

出典:呪術廻戦72話より

天元のおさらい

  • 不死の術式を持つ呪術師
  • 不死ではあるが不老ではない
  • 一定以上の老化を終えると、術式が肉体を創(つく)り変えようとする
  • そして人ではなくなり、より高次の存在へと進化する
  • 進化すると天元の意志が消失する

天元の意志が消失するとどうなるのかは以下の通りです。

  • 天元は主要結界の要(かなめ)
  • 呪術高専を始めとする国内主要結界、その他多くの「結界術」全てが、天元の力によって強度を底上げされている
  • 意志が消失すると、天元の力添(ちからぞ)えがなくなり、国内の呪術的な防護(ぼうご)がままならなくなる

以上が天元についてのおさらいです。

次は星漿体について説明します。

出典:呪術廻戦67話より

星漿体とは

  • 天元は500年に一度、自身と適合する人間「星漿体」と同化する
  • 同化すると、肉体情報が書き換えられる
  • 肉体が一新されれば術式効果もふり出しに戻り、進化は起こらなくなる
  • 星漿体は使命を全うすべく、幼少期より要人(ようじん)として育てられる
  • 上層部は不測の事態への備えも考慮(こうりょ)している

つまり、天元には星漿体が必須(ひっす)ということですね。

ここで1つ疑問に思うのが「星漿体とはどのようにして選ばれるのか」です。

芥見(あくたみ)先生は、「(天内は)星漿体の自覚はいつからあるのでしょうか?」という質問に対し、「生まれて間もなく天元様が察知して下知(げじ)、高専関係者から本人に、って感じです」と答えています。

星漿体は本人(天元)が察知して選んでいるんですね。

天内は4歳の時に交通事故で両親が他界(たかい)。

出典:呪術廻戦67話より

それからは、星漿体世話係の黒井とずっと一緒にいました。

あまり勝手に外出ができないため、学校で友達と会えるのが嬉しいとのことです。

天内理子の年齢は何歳?

天内の年齢はおそらく14歳です。

芥見先生が「多分中学2年生」と言っていました。

誕生日は不明

天内の設定は、あまり細かく作られていないと思われます。

出典:呪術廻戦69話より

廉直(れんちょく)女学院の中等部に通っている天内。

学校での喋り方は普通なのですが、五条達の前では、語尾に「じゃ」などをつけて喋ります。

出典:呪術廻戦67話より

8巻67話では、五条に「あの喋り方だと友達もいないじゃろ」とおちょくられていました。

学校じゃ普通に喋ってるもん」と恥ずかしがる天内。

喋り方の癖は強いですが、とても可愛らしいですよね。

天内理子の初登場シーン

天内が初登場したシーンは、8巻66話です。

出典:呪術廻戦66話より

呪詛師(じゅそし)集団「Q(キュー)」に襲われ、高層ビルから落下する天内。

天内はいきなり大ピンチでした。

出典:呪術廻戦66話より

それを救ったのは、夏油傑(げとうすぐる)です。

夏油は呪霊操術を使い、落下中の天内をキャッチします。

目立つのは勘弁してくれ、今朝怒られたばかりなんだ」と言う夏油。

あのシーンはとてもかっこよかったですよね。

出典:呪術廻戦66話より

天内が初登場したとき、印象的だったのは「ヘアバンド」です。

芥見先生は「キャラデザのこだわりを教えてください」という質問に対し「ヘアバンもですが、the男が何も考えずに描いた三つ編みって感じで後々恥ずかしくなりました」と答えています。

また別のコメントでは「ヘアバンの必要性に関して最後まで芥見を悩ませた」と言っている芥見先生

芥見先生らしいですよね。

天内理子と五条悟の関係

2人の出会い始め最悪でした。

出典:呪術廻戦67話より

8巻67話天内にビンタされる五条。

あのシーンは笑っちゃいましたよね。

天内は作中で唯一五条にビンタした人物かもしれません。

天内は生意気で少し自己中なところがあるので、五条からの第一印象はあまり良くなかったと思われます。

五条も学生時代は少し尖(とが)っていたので、最初の2人はバチバチに文句を言い合う関係でした。

出典:呪術廻戦67話より

思ってたよりアグレッシブなガキんちょだな」や「フンッ!、いかにも下賤(げせん)な物の考えじゃ」などと言い合う2人。

出典:呪術廻戦70話より

ですが、沖縄に行ってからは2人の関係がとても良くなった気がします。

五条なりの優しさがとても伝わってきました。

天内の為に、滞在(たいざい)を延ばしたり、観光(かんこう)に付き合う五条。

出典:呪術廻戦70話より

8巻70話の2人がナマコを見て笑うシーンはとても印象的です。

五条は「二度とごめんだ、ガキのお守りは」と言っていましたが、最終的にはとても仲良くなり、兄と妹のような関係だなと思いました。

天内理子は死亡した?生きてる?

出典:呪術廻戦72話より

天内は9巻72話死亡します

あのシーンは、読んでいてとても辛かったです。

出典:呪術廻戦71話より

天内を殺害したのは禪院甚爾(ぜんいんとうじ)

天内が天元との同化を拒(こば)み、夏油が「帰ろう、理子ちゃん」と言った瞬間、甚爾に頭を撃ち抜かれるのでした。

天内の死は夏油が闇落ちした原因の1つです。

出典:呪術廻戦72話より

夏油が天内に吐いたセリフ「私達は最強なんだ」「理子ちゃんがどんな選択をしようと君の未来は私達が保障する

このセリフはとてもかっこいいですよね。

もし天内が生きていたら、夏油が闇落ちすることもなかったかもしれません。

天内理子はかわいい?

天内の喋り方は中ニ病ですが、可愛いと感じる部分はたくさんあります。

出典:呪術廻戦67話より

外見

  • ヘアバンドをしている
  • 髪の毛が三つ編み
  • 制服を着ている

外見は可愛い中学生って感じがしますね。

天内はヘアバンドが印象的です。

天内が可愛いと思ったシーンを少し紹介します。

出典:呪術廻戦70話より

1つ目は、沖縄で夏油に「(帰る)時間だよ」と言われたときです。

帰ると言われた瞬間、天内は「しゅん」とします。

少し残念そうな顔をする天内は、非常に可愛らしいと思いました。

出典:呪術廻戦72話より

2つ目は、黒井とのお別れシーンです。

黒井大好きだよ」と言い抱きつく天内。

母に抱きつく子のようで可愛らしかったですよね。

天内は星漿体に選ばれた人物ですが、まだ子どもです。

2人が泣きながら抱きつくシーンはとても感動しましたし、母と子を連想(れんそう)しました。

このように、天内には可愛らしいところがたくさんあります。

まず、中ニ病なところが可愛いですよね。

芥見先生のセンスが感じられます。

天内理子のコスプレまとめ

天内のコスプレをしている人達を紹介します。

1人目はこの方です。
特徴的なヘアバンドや三つ編みがしっかりと演出されていて、とても似ていますね。

2人目はこの方です。
セリフ付きでこのクオリティは最高ですよね。

最後はこの方です。
9巻72話名シーンを演出しています。
夏油のコスプレをしている人もいて非常にクオリティが高いと思いました。

このように、たくさんの人が天内のコスプレをしています。

紹介した人達以外にも、天内のコスプレをしている人達はたくさんいるので、ぜひ一度探してみて下さい

-登場人物

© 2021 じゅじゅナビ