用語

【呪術廻戦】翅王(しおう)とは

翅王とは、呪胎九相図の2番・壊相が使う術式、蝕爛腐術の奥義とも言える技、「極ノ番・翅王」のことです。

虫の羽のような形をした血が背中から広がり、針状にして相手に向かって鋭く撃ち出します。

針状に細くした血は遠くまで伸ばすことができ、遠距離攻撃も可能です。

血には毒性があり、触れると体が腐食してしまいます。

壊相が持つ術式・蝕爛腐術は血に触れた箇所から腐食が始まり、わずか10~15分で体全体に回って死に至る、実質当たれば勝ちの術式になります。

-用語

© 2021 じゅじゅナビ