あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】94話あらすじ・ネタバレ【呪術師発見!】

呪術廻戦94話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦94話渋谷事変12(しぶやじへん12)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

獄門彊(ごくもんきょう)をしばらく動かせなくなった真人たちは、今から虎杖を殺しに行きたいと言いました。

しかし、漏瑚(じょうご)は、虎杖は宿儺(すくな)の器だから殺すのではなく、復活させるべきだと意見が分かれます。

そこで、真人は先に虎杖を見つけた方が好きなようにするというゲームを呪霊たちに提案したのです。

ゲームには、脹相(ちょうそう)も参戦することになり、真人や漏瑚たちは地下鉄から外へ飛び出します

その頃、虎杖は七海班と合流することができました。

七海は一旦帳(とばり)の外へ出るので、その間に恵、猪野、虎杖の3人で「術師を入れない帳」を上げるという任務を託されたのです。

果たして、虎杖たちは帳を下ろしている術師を見つけ出すことができるのか!?

呪術廻戦94話のあらすじ・ネタバレ

帳の強さの秘密とは?

出典:呪術廻戦94話より

帳の前に着いた虎杖、恵、猪野

まず手始めに、虎杖は思いっきり打撃を撃ち込んでみるも、帳はビクともしませんでした。

猪野は、ここまで強力な帳は今まで見たことがありませんでした。

それでも、帳を上げなければ五条のところへはたどり着けませんし、なんとか帳の中に入って敵を見つけにいかねばならないと焦りを募らせます。

猪野の言葉に、帳のことをよく知らない虎杖「なんで?」と、キョトンとした顔で尋ねました。

帳とは、自分を守るバリアみたいなものであり、基本的に帳を降ろしている人間も中にいることが定石なのだそうです。

しかし、虎杖が原宿で遭遇したバッタの呪いは、帳の外にいたと報告します。

そこで、猪野は「なるほど」と、この帳の強さの秘密について理解しました。

実は、この帳はあえて術者を囲わずに、帳の外に出て「発見」「撃退」されるリスクを上げると同時に、帳の強度も上げていたのでした。

その理論と同じく、さらに強度を上げたければ、帳の基(もと)は、かなり目立つところにあるのかもしれないと、猪野たちは考えます。

この近くで目立つ場所?

虎杖たちが、ふと上を見上げると、一つだけとても高いビルがあるのを発見したのです。

呪詛師発見!

出典:呪術廻戦94話より

渋谷Cタワー屋上。

粟坂(あわさか)たちは、術師がこの場所に気づくかどうか、ワクワクしながら地上を見下ろしていました。

実は、Cタワーの下層には、真人の手で改造された人間が大量に投入されています。

つまり、仮に帳のもとに気づいたとしても、粟坂たちと戦う前に改造人間を相手にしなければならないため、すぐに屋上に来ることはできないと予想していたのです。

粟坂が、まだ屋上まで来れないだろうと油断したとき、虎杖たちは恵の式神である「鵺(ぬえ)」を使って、一気に屋上までやってきました

そして、屋上へ着いた瞬間、虎杖は、真希に教えてもらったワイヤーのような呪具でぐるぐる巻きにして、粟坂の動きを封じたのです。

帳の崩し方

出典:呪術廻戦94話より

屋上へ向かう前、虎杖はバッタの呪いを倒した時に、破壊した釘を猪野に手渡しました。

その釘こそが帳のもとになっているそうで、冥冥いわく、釘にはすでに結界術が組み込まれており、呪力を込めるだけで帳が降りてくる仕組みなのだと分析したのです。

つまり、呪詛師を倒すよりも先に、釘さえ破壊すれば帳を上げることができるというわけでした。

虎杖たちが屋上に着き、粟坂を拘束したタイミングで、猪野は真っ先に釘を破壊しに向かいました

釘は3本あり、1本は破壊することができましたが、残りの2本は、粟坂が拘束される前に持ち出していたのです。

オガミ婆と猪野が対峙

出典:呪術廻戦94話より

虎杖たちが、帳が嘱託しょくたく式であることを知っていると気づいた粟坂は、ぐるぐる巻きにされる前に、急いで2本の釘を抜いて保持しました。

虎杖と恵は、粟坂を「鵺(ぬえ)」で連れ去り、敵を分断させることに成功したのです。

恵たちが粟坂を引き離したのを確認した猪野は、屋上に残っていたオガミ婆と後ろにいる若い男と向き合いました。

「孫。」と、オガミ婆が男に声をかけると、男は、「うん、分かってるよ婆ちゃん。」と言って、猪野の前に立ちはだかります。

七海から期待され、新しい後輩もできて、やる気がみなぎっている猪野は、「ここらで活躍して1級術師になっちゃうぞ」と意気込みながら、ニット帽を顔まで被って戦闘に備えました

粟坂VS恵、虎杖が激突!

出典:呪術廻戦94話より

一方その頃、虎杖たちは、鵺(ぬえ)とワイヤーを使って一気に勝負を決めにかかります。

虎杖は、恵に鵺(ぬえ)を解くように声をかけると、粟坂を拘束したまま地上へ突き落としました

粟坂を突き落とした後、虎杖は持ち前の身体能力で、ビルのガラスを自ら蹴り破って、地上への落下を回避しました。

そして、すぐさま地上に降りた恵と虎杖は、地面に横たわっている粟坂を発見したのです。

2人は、粟坂が地面に接地したところを目撃していないため、本当に倒したのかどうか判断がつきません

しかし、恵いわく、地上41階から落ちたはずなのに、死体がキレイすぎることに違和感を覚えたのです。

恵は、警戒心をあらにして、「起きろ、たぬきジジィ!」と、怒鳴りつけました。

すると、粟坂はむくっと立ち上がり「若者は年寄りはいたわるものだ」と言って、ニカッと笑いました。

粟坂を倒せていないと分かった2人は、すぐに戦闘態勢に入ったところで94話は終了しました。

呪術廻戦94話の登場キャラクター

呪術廻戦94話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

94話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)
  • 猪野琢真(いのたくま)
  • 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)
  • 粟坂(あわさか)
  • オガミ婆(おがみばば)

次回のあらすじ

呪術廻戦95話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】95話あらすじ・ネタバレ【猪野VSオガミ婆 降霊術対決!】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-