あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】87話あらすじ・ネタバレ【虎杖VSバッタの呪霊!】

呪術廻戦87話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦87話渋谷事変5(しぶやじへん5)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦86話より

明治神宮前駅(めいじじんぐうまええき)に到着する冥冥班

冥冥(めいめい)の術式、『黒鳥操術(こくちょうそうじゅつ)』を使い、カラス視覚を共有して中の状況を確認します。

中にはたくさんの改造人間がおり、地下4階の一般人を救出するため、冥冥班は二手に別れるのでした。

虎杖は2番出口から降り、冥冥と憂憂(ういうい)は、地下4階直通の7番出口から降りることになります。

虎杖は、2番出口を降りると、人を食べているバッタの呪霊と遭遇するのでした。

バッタの呪霊はを守っており、帳を壊すため、虎杖はバッタの呪霊と戦闘を開始します。

呪術廻戦87話のあらすじ・ネタバレ

蝗害(こうがい)

出典:呪術廻戦87話より

バッタは、人々から「悪魔のような昆虫」と言われています。

蝗害(こうがい)

  • バッタの大発生に伴(ともな)う大規模な災害
  • 農作物だけでなく、植物性のものは全て食い尽くす
  • バッタの成虫は、1日で自分の体重と同じだけの量を食べる
  • 総量1tのバッタの群れは、1日で2500人分の食料を消費する
  • 異様(いよう)な咀嚼音(そしゃくおん)は昼夜(ちゅうや)問わず響き渡る
  • バッタが分泌(ぶんぴつ)した黒い粘液(ねんえき)は、平穏(へいおん)とは程遠い光景を描く

バッタは、人々に恐れられ、憎まれ、呪いとなったのです。

虎杖VSバッタの呪霊

出典:呪術廻戦87話より

虎杖とバッタの呪霊の戦闘が開始します。

呪霊は自慢の顎(あご)攻撃

虎杖は、かわしながら「すっげえ、バネと顎」「言葉が分かるってことはそれなりの級(レベル)の呪いだよな」と思うのでした。

呪霊の特徴

  • 咬みつき
  • タイミング自在の4本腕
  • 躊躇(ちゅうちょ)なく距離をつめてくる

以上のことから虎杖は「多分小細工はないな」と予想します。

バッタの呪霊は「オマエドッチだ?」「賢いノカ、賢くないノカ」「俺は賢い」と言うのでしたが、虎杖に「賢い奴はあまり自分のことを賢いって言わん」と言われ、「そーなの!?」と驚くのでした。

手数勝負

出典:呪術廻戦87話より

2人は近づき、手数勝負となります。

4本腕の呪霊に対し、虎杖は2本腕です。

数では圧倒的に不利な虎杖ですが、パンチを食らわせているのは、虎杖でした。

呪霊も「腕も顎モ目も人間ヨリ俺の方が優れテいる」「ナノになンで俺ダケ殴らレる?」と驚きを隠せません。

呪霊は一度離れ、口から黒い粘液を吐き出しますが、軽く避けられます。

虎杖は、避けてからそのまま殴りかかろうとするのですが「デモ、やっパり俺の方ガ賢い」と『腹部』で虎杖よりも先に攻撃を仕掛ける呪霊。

腹部の特徴

  • バッタは地中に産卵(さんらん)する
  • そのため腹部は伸縮(しんしゅく)し先端が硬くなっている
  • 通常時の3倍近く、伸ばすことができる

呪霊が「俺の勝チ」と思った瞬間、虎杖は「ドチュッ」と腹部を切断するのでした。

呪霊に小細工はありましたが、それ以上に、小細工では埋まらない実力差が両者にはあったのです。

虎杖は、険(けわ)しげな表情で「オマエ、人を喰ったんだ」「覚悟はできてるよな?」と言うのでした。

帳(とばり)が上がる

出典:呪術廻戦87話より

虎杖は、呪霊を祓(はら)い、地面に刺さっていたものを破壊します。

地下4階にいる冥冥(めいめい)と憂憂(ういうい)は、帳が上がったことを確認。

そして冥冥は「虎杖君を待って地下5階に向かおう」と憂憂に言います。

地下5階の副都心線(ふくとしんせん)ホームには、真人がいました。

真人は「蝗(こう)ガイが祓(や)られたか」「腕のいい術師が来ているね」と呟きます。

残念、俺も闘(や)りたかったな」「でも仕方ないよね、仕事だもん」と言う真人は、どこかに歩いていくのでした。

呪術廻戦87話の登場キャラクター

呪術廻戦87話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

87話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 冥冥(めいめい)
  • 憂憂(ういうい)
  • 真人(まひと)

次回のあらすじ

呪術廻戦88話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】88話あらすじ・ネタバレ【五条のもとに大量の改造人間と真人が現る】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-