あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】79話あらすじ・ネタバレ【時は現在へ…!】

呪術廻戦79話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦79話これからの話(これからのはなし)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

任務で訪れた村落にて住民を虐殺し、追われる身となった夏油げとう

五条は凶行の理由を問いただしますが、夏油は「生き方は決めた 後は自分にできることを精一杯やるさ」と言い残し、去って行きました。

そして夏油は、元盤星教ばんせいきょう本部を訪れると、集まっていた信者たちの目の前で代表役員を殺し、教団を乗っ取ってしまいます

一方五条は、自分だけ強くても駄目だ、と悟り、幼い伏黒の元を尋ねるのでした。

呪術廻戦78話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】78話あらすじ・ネタバレ【夏油、ついに凶行へ…】

続きを見る

呪術廻戦79話のあらすじ・ネタバレ

幼い伏黒に語りかける五条

五条伏黒に対し、状況を説明します。

ポイント

続けて五条は、自分が甚爾を殺したことを伝えようとしますが、伏黒は「興味ない」と答え、姉・津美紀の母も少し前から帰っていないことと合わせ、「2人でよろしくやってるってことだろ」と冷めた目で邪推じゃすいします。

そんな伏黒五条は、禪院家に行きたいか、と問い、逆に「そこに行けば津美紀は幸せになれるのか?」と問われると、「100%(ひゃくパー)ない それは断言できる」と答えます。

そして、「強くなってよ 僕に置いていかれないくらいに」と、未来の仲間として伏黒に期待を託すのでした。

時は現在へ!内通者を探る虎杖たち

場面は現在に戻り、虎杖いたどり伏黒釘崎に起こされる五条

どうやら今までの回想は、五条が見ていた夢だったようです。

3人は五条から、高専内に呪詛師と通じている内通者が2人以上いることを聞かされ、その内1人の容疑者を捕縛、尋問するため、京都校の教師である歌姫の元を尋ねます。

どうやら、内通者として疑われていたのはメカ丸のようです。

一方その時、三輪メカ丸の元を訪れており、夕方にも関わらず「少し寝ル」と言って停止してしまったメカ丸をいぶかしむのでした。

メカ丸の拠点に訪れた虎杖たちだが…

虎杖たち4人は、メカ丸の本体、与幸吉(むたこうきち)のいる建物に侵入します。

ポイント

  • メカ丸傀儡操術(かいらいそうじゅつ)の捜査範囲は、天与呪縛てんよじゅばくの力によって日本全土に及ぶ
  • 登録していない、ハエや蚊のような小さな傀儡くぐつを使えば、内通者としての仕事はいくらでもこなせる
  • 誰も怪しくないため、消去法でメカ丸が内通者である可能性が高い

そして、虎杖が扉を破壊してメカ丸の部屋に入りますが、すでにそこはもぬけの殻でした

しかし、逆にこれによって伏黒たちは、メカ丸が内通者である、ということを確信するのでした。

メカ丸vs真人、開戦!

一方、メカ丸の元にやってきたのは、夏油真人でした。

ポイント

  • メカ丸夏油たちに情報を提供する対価として、真人が「無為転変むいてんぺん」でメカ丸の身体を治す、という"縛り"を結んでいた
  • "京都校の人間には手を出さない"という"縛り"もあったが、花御が破ってしまった
  • 他者間との"縛り"を破った場合、"罰(ペナルティ)"が不確定であり、いつどんな災いが降りかかるか分からない

夏油さとされた真人は、メカ丸に「感謝してよね 下衆以下」と言うと、"縛り"を解くために渋々「無為転変」を使います。

すると、四肢を動かせなかったメカ丸は、晴れて五体満足となりました

静かに手足を動かすメカ丸に対し、「かわいくないなー もっとハシャげよ」とあお真人

メカ丸が、「…それは事が済んだ後だろう」と告げると、真人は「それもそうだね」と同調して腕を構え、真人メカ丸との死闘が始まるのでした。

呪術廻戦79話の登場キャラクター

呪術廻戦79話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

79話登場キャラクター

呪術廻戦79話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦79話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
真人 無為転変むいてんぺん

次回のあらすじ

呪術廻戦80話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】80話あらすじ・ネタバレ【真人VS与幸吉(メカ丸)】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ